法務、コンプライアンスの仕事の内容は?求人は多いの?

コンプライアンスの求人では何か資格を求められるのか?

「コンプライアンス 求人」の事に関する情報サイトです。
コンプライアンス関係の仕事に就くのに、あった方が良いとされる資格をいくつかご紹介しています。

コンプライアンスの求人では何か資格を求められるのか?

先ほどはどんな人がコンプライアンスの仕事に向いているかを書きましたが、ここでは、コンプライアンスの仕事に就くのに、何か資格が求められるのかどうかを調べ、まとめてみました。

いくつかある求人内容から、あった方が良いと考えられる資格を挙げておきます。

【必要な資格は?】

転職で法務関係の仕事に就くのなら、一定の法律知識はあった方が良いと考えられています。

そのうえで、特定分野の経験や専門性があるとなお良いとされています。

法学部出身ではないとか、法務の経験が浅い人が取っておくと良いと言われている資格は、法学検定やビジネス法務検定がおすすめです。

法学検定はベーシックコース(基礎)、スタンダードコース(中級)、アドバンストコース(上級)の3つがあり、アドバンストコースを取得しておくと有利です。

ビジネス法務検定は1~3級までありますが、法務の仕事に就くなら1級を取得したいところです。

【法学部卒ならどんな資格があると良い?】

法学部を卒業している場合は、法務の仕事が未経験でも比較的すぐに仕事内容はわかってくると思いますが、資格を取ろうと考えている人は、社会保険労務士や司法書士、行政書士などの法務関係の資格を取得しておくと良いようです。

求人情報を見ていると、資格が必須であるとしているところはあまりありません。

しかし、専門知識があるのとないのとでは仕事を進めていくのに差が出ます。

私もまず法学検定から勉強して取得してみようかと思います。